ページの末尾へ



 
●一液無溶剤のため作業性が良く、簡単に
 使用できます。
●機器や部品の微細な隙間に浸透し、空気が
 遮断されると常温で急速硬化し、
 ほとんど肉やせする事がありません。
●硬化後は、耐熱性・耐油性・耐水性・耐振動
 性に優れています。
●硬化後は各種金属に対し良好な接着力を
 有し、ゆるみや漏れを防止します。


ヘルメロック製品一覧表

◎ねじ一般用
製品名 粘 度
(mPa・s)
戻しトルク(N・m) セット
タイム(分)
実用温度(℃) 特徴・用途
破壊トルク 脱出トルク
低強度 200 90 3〜8 5〜10 10 −40〜+150 低強度・小ねじ・ビス・取外し可
300 600 5〜12 5〜10 30 −40〜+150 低強度・小ねじ・ビス・取外し可
中強度 330 450 10〜20 20〜40 10 −40〜+150 中強度・高力ボルト
410 2,000
(チキソ)
20〜40 20〜30 15 −40〜+150 中強度・チキソ性・
高力ボルト
高強度 260 90 34〜44 20〜40 25 −40〜+150 高強度・高力ボルト
360 450 34〜44 20〜40 25 −40〜+150 高強度・高力ボルト


◎はめ合い用
製品名 粘 度
(mPa・s)
せん断強さ(N/mm2) セット
タイム(分)
実用温度(℃) 特徴・用途
ね じ 軸はめ合い
高強度 160 淡黄褐 40 17〜22 24〜29 15 −40〜+150 高強度・はめ合い・
高力ボルト
470 2,000 17〜22 24〜29 25 −40〜+150 高強度・はめ合い・
高力ボルト
510 2,000
(チキソ)
17〜22 22〜28 15 −40〜+150 高強度・はめ合い・
チキソ性・ワン型プラグ





ヘルメロック


 使用方法及び使用上の注意

ヘルメロックを塗布するボルト、ナット、プラグ、合せ面などは、脱脂剤で洗浄し、
油脂分、水分、じんあい、錆等を除去してください。
清浄にし、良く乾燥してから容器より押出してください。
接合面、塗布面からはみ出したヘルメロックは拭き取ってください。
使用後は蓋をして、冷暗所に保存してください。
皮膚に付着した場合は、石けん等でよく洗ってください。
硬化被膜は化学薬品性が良いために容易に除去出来ませんが、
解体後、トリクレン等に良く浸漬してからブラシでかき落してください。
液が皮膚に付着した場合、人によってはかぶれる事がありますので、
万一付着した場合は、石鹸で洗浄してください。


詳しい内容につきましては、弊社までお問合せください。


トップへ前へ

ページの先頭へ