ページの末尾へ


ヘルメタイトTX‐948 は水質性能に優れ、又、電気特性にも
優れた二液型のエポキシ接着剤です。
金属同士の接着、異種材料との接着など広範囲の材料に使用でき、幅広い条件での接着を行えます。
水質性能に優れ、PRTR法にも該当しません。
又低臭気で、非流動性であり作業性の良いエポキシ接着剤です。

    特 長
1. 硬化物は水質に全く影響を与えません。
2. 電気特性に優れています。
3. 低臭気で、非流動性ですので大変作業性が良い。
4. PRTR法にも該当しません。

    使用方法
1. 被着体表面のレイタンス、ゴミ、汚れ、油分、水分等を除去してください。
2. 主剤100:硬化剤50(重量比)の割合で秤量し、混合攪拌します。
3. 十分攪拌して均一になった混合物を可使時間内に使用してください。

    1.性状
 
項    目
主    剤
硬 化 剤
試験方法
主 成 分
エポキシ樹脂
変性脂肪族ポリアミン・
ポリアミドアミン
外   観
白色ペースト状
黒 色 液 状
配 合 比
100:50 (重量比)
粘 度(20℃)
パテ状
110 Pa・s
JIS K 6833
比 重(20℃)
1.55
1.27
JIS K 6833
可使時間
70分(20℃,100g)
温度上昇法
指触硬化時間
10時間(20℃,500μ)

    2.物性
 
項        目
単 位
強 さ
試験方法
引 張 り 強 さ
N /mm2
30
JIS K 6911
曲 げ 強 さ
N /mm2
75
JIS K 6911
圧 縮 強 さ
N /mm2
95
JIS K 6911
引 張 り せ ん 断 強 さ※
N /mm2
29
JIS K 6850
硬    度
ショアD
88
JIS K 7215
体 積 抵 抗 率 ※
Ω−cm
6.7×1015
JIS K 6911
絶 縁 破 壊 の 強さ※
kV /mm
69.4
JIS K 6911
 
     ※温度65℃、1時間加熱


   ヘルメタイトTX‐948 の取扱いについて
1. 二液型のエポキシ樹脂ですので、作業環境、作業効率に応じ適当量の主剤と硬化剤を規定の配合比で秤量し、均一になるよう十分に混合攪拌してからご使用ください。秤量間違いや不十分な攪拌は正常な反応が起こらず性能低下の原因になります。
2. 主剤と硬化剤を十分に混合しましたら、可使時間内にご使用ください。可使時間は温度条件が高いほど短く、低いほど長くなります。又、一度の混合量が多いほど可使時間は短くなります。
3. 使用個所の温度が5℃以下になる場合は使用を差し控えてください。5℃以下での使用は、樹脂の硬化反応が著しく低下し、樹脂の性能に支障を与えます。
4. 溶剤類は、施工器具の洗浄のみにご使用ください。
5. 保存は冷暗所に保管してください。保存期間が長いと樹脂分が浮き出ている場合がありますので、よく攪拌してから秤量してください。
6. 皮膚や衣服についた場合は、石けん等でよく洗い落としてください。

               
トップへ前へ次へ

ページの先頭へ