ページの末尾へ


ヘルメタイトTX‐873D は、高熱伝導性フィラーを配合した一液
加熱硬化型のエポキシ接着剤で、熱伝導性・接合強度・耐久性に
優れ、熱伝導性が求められる部品の接合部に適用できます。


     ■ 一般性状
 
項    目
ヘルメタイトTX‐873D
 外   観
銀灰色ぺ一スト状
 塗布適用量    (g/u)
240 ( 約17μm厚さ )
 熱伝導率     (W/m・K)
0.844
 硬 度       (JIS K 7215)
HSD 81  
 比 重 (25℃)  (JIS K 7112)
1.5
 粘 度 (25℃)  (JIS K 7117)
30 Pa・s
 ゲル時間      (150℃)
 4〜5分
 硬化時間     (150℃)
30分
 貯蔵安定性    (冷暗所保存)
3ヶ月


     ■ 熱伝導率
 
品   名
熱伝導率(W/m・K)
ヘルメタイトTX‐873D
0.844
エポキシ系熱伝導性接着剤A社
0.837
シリコン系熱伝導性接着剤B社
0.418
      測定法:レーザーフラッシュ法 蒲搖w電機製熱定数測定装置にて測定
       〈注〉ヘルメタイトTX‐873D は150℃×30分硬化後。
         その他は室温にて10日放置(使用方法に基づく) して硬化。

 

     ■ 接合強度
 
     1-1.アルミ板によるT字剥離試験(JIS K 6854):試験片0.3o厚
 
試 験 内 容
剥離強度(N/25o)
150℃X 30分 硬化直後
93 { 9.5 kgf /25o}
120℃×21日 保持後
64 { 6.5 kgf /25o}
150℃×21日 保持後
64 { 6.5 kgf /25o}
熱負荷サイクル 21回後
64 { 6.5 kgf /25o}
     <注>1サイクル:(120℃×8時間)+(-40℃X16時間)。

 
     1-2.アルミ板によるT字剥離試験(JIS K 6854):試験片0.3o厚
 
品   名
剥離強度(N/25o)
ヘルメタイトTX‐873D
93 { 9.5 kgf /25o}
シリコン系熱伝導性接着剤B社
34 { 3.5 kgf /25o}
アクリル系熱伝導性接着剤C社
59 { 6.0 kgf /25o}
     〈注〉ヘルメタイトTX‐873D は150℃×30分硬化後。
         その他は室温にて10日放置(使用方法に基づく)して硬化。

     2.鉄板によるせん断接着試験(JIS K 6850)
 
品   名
せん断接着力(kN/cm2)
ヘルメタイトTX‐873D
2.3{230 kgf/cm2
     〈注〉150℃×30分硬化(使用方法に基づく)。


     ■ 適用例
 
         ヒートシンクのべ一スとフィン、放熱器のチューブとフィンとの接合等。


トップへ前へ

ページの先頭へ